ドラッグ レンズ
   
みごとにハマッタレンズ沼 いろんなオールドレンズで楽しんでます。
少しずつ紹介していきたいと思っています。

 Drug Lens
Carl Zeiss Biotar 58mm F2                             2017/1/15


 Carl Zeiss Biotar 58mm F2  Carl Zeiss Biotar 58mm F2

 Carl Zeiss Biotar 58mm F2  Carl Zeiss Biotar 58mm F2

  ●コメント

  Carl Zeiss Jena Biotar 58mm F2 
  
  製造は1950年代 シルバー鏡胴の3世代目のタイプ
  
   
  レンズ構成は4郡6枚 
  コーティングはブルー系です。 赤いT文字はコーティングを意味しているそうです。
  絞り羽根は10枚ですが12枚のタイプもあるそうです。
  最短撮影距離は0.5m
  このレンズはグルグルボケで有名なレンズで条件しだいで開放だと背景がグルグル
  回っているようなボケになります。
  少し絞ればガラッと変わってキリっとした画像が得られます。

  グルグルボケが出るレンズがほしくて購入を検討していたが予算の都合でHelios44を
  購入したが本当にコピーレンズか確認したくなって結局購入にいたった経緯です。

  
  F11の状態 10枚の羽根                      Made in Germany
 Carl Zeiss Biotar 58mm F2  Carl Zeiss Biotar 58mm F2

 Carl Zeiss Biotar 58mm F2

 Carl Zeiss Biotar 58mm F2
   
  開放
 
    
  開放
 

 
 回ってます
 
  
 レンズ設計をコピーしたと言われるロシア製 Helios 44 58mm F2と並べてみました
 ボディこそ違うがたしかに前玉・後玉ガラスともHelios 44と大きさや無限大時のマウント面
 からの距離などほぼ一緒です。レンズを覗いたときの蛍光灯写りこみの位置まで同じです。
 Heliosはコーティングの色がブラウン系で施されていて施工枚数も違うようです。
 グルグルボケはなぜかHelios 44のほうが出やすいです。
 

 Carl Zeiss Biotar 58mm F2
                            上へ戻る